まちづくりのいろは講座第2回目

6月3日、「まちづくりのいろは講座第2回目」が行われました。

第2回は、第1回に引き続き、横浜市立大学で教鞭をとる、准教授の三輪律江先生による「多様なまちづくりが展開するまち『ヨコハマ』」です。横浜というまちがどのようにつくられてきたのか、歴史を振り返り、現在の18区370万人が暮らす横浜について、都心部、中間地域、郊外地域の特徴、問題点などを学びました。そして横浜の地域まちづくりに係る地元の人たち(自治会町内会などの地域組織、NPO等、中間支援NPO)のことについて教えてもらいました。

6月3日まちづくりのいろは講座