都筑ハーベストで野菜を使った商品開発?!

都筑ハーベストでは、精神障がいのある方たちが、畑作業を通して、社会復帰を目指しています。
まずは畑に行ってみました。

無農薬で育てた野菜をもっと活用して、新しい商品を開発しようと、地元のおばちゃまたちを招いて、昔の都筑の料理を教えてもらいました。今回は「ぼったら焼き」という小麦粉を水を溶かし、その中にゆでた野菜をいれて、焼いたお菓子です。なんと砂糖醤油をつけて食べます。
他にも、漬物の作りかたのレシピをもらいました。今後、何回か試作をしていきたいとみんなで話しました。