発表のようす2

4.I LOVE YOKOHAMA
「大人が中心のごみ拾いイベントへの参加と意見出し」

ily2

ily3

I LOVE YOKOHAMAが定例的に行なっているごみ拾いに参加しました。
アクターもはじめてのごみ拾い体験で、ごみの多さにびっくりしたり、大人の人たちが地道に努力しているようすに感動したり。夏の花火大会の前に砂浜で怪我をしないよう、ごみ拾いをしましたが、そのときに使える、水切りもいい、手編みのかごをつくりました。

5.戸塚フリーステージ実行委員会
「駅前コンサートの準備・出演・プログラム作り、ユースト中継等」
totsuka3

totsuka

totsuka2

戸塚駅前で行なっているコンサートのさまざまな分野でのお手伝いをしました。
事前の告知でFM戸塚でコンサートのPRをしたり、コンサートのプログラムを作成したり。
さらに「だいすきとつか」という戸塚のことを歌った曲を演奏して、コンサートを盛り上げました。
コンサートのときには、機材を運びセッティングを手伝いましたし、当日は裏方として、場面転換の手伝いなども行いました。
また、今回はユーストリーム放送をやってみたい、という大人のお願いで、アクターがセッティングからすべて行い、長時間に渡る中継を滞りなく行いました。おそるべし、アクターの力でした。

6.ほどがや・人・まち・文化振興会
「保土ヶ谷宿場まつりへの企画提案。じゃがいも神輿、浮世絵工作」
hodogaya2

hodogaya1

保土ヶ谷の駅前の公園はいままで名前がありませんでしたが、「ほどじゃが公園」という名前が付くことになりました。その会場でやるということと、事前に保土ヶ谷の地域の特色や歴史のお話を聞いて、じゃがいもが名産と知り、お祭りを盛り上げるために、じゃがいもを祀ったお神輿を作り、お祭り会場を練り歩き、お祭りを盛り上げました。
また、保土ヶ谷が宿場だったようすが浮世絵にたくさん描かれていることから、その絵をトレースしてみんなで新聞切り絵をつくるというイベントをテント内で行いました。
アクターが入ることで、地域の方たちもたのしんでくれたし、なによりも地元の子どもたちがすんなりとお神輿担ぎに参加してくれました。
この日は保土ヶ谷産のじゃがいもを持ってきてもらい、発表会のあとの交流会でねぎ味噌を付けて振る舞いました。

7.一般社団法人 横浜みなとみらい21
「社会実験で行なっているイベントでのアンケート調査実施」
minatomirai1
ジャズイベントの雰囲気を出すため、演奏からスタート。

minatomirai2

みなとみらい21地区で行なっている「ジャズ&ワイン」というイベント。
社会実験的に行なっている、大人向けイベントで、みなとみらい地区で海辺のイベント、水上のイベントでこんなものがあったらいいな~というものがなんなのかについて、スケッチブックにシールを貼るやり方でアクターが調査しました。
大人がアンケート調査をするとなかなか答えてもらえない、ということでしたが、アクターは短い時間にたくさんのアンケートを集めました。アンケートをやっているようすをビデオにとり、編集して、会議でみてもらいました。

発表会を行いました。
http://actor.minicity-plus.jp/?p=1027

発表会のようす1
http://actor.minicity-plus.jp/?p=1062

発表会のようす2(このページです)
http://actor.minicity-plus.jp/?p=1066

発表会のようす3
http://actor.minicity-plus.jp/?p=1083

発表会のようす4
http://actor.minicity-plus.jp/?p=1110

パネルセッション
http://actor.minicity-plus.jp/?p=1131

交流会
http://actor.minicity-plus.jp/?p=1147