特命子ども地域アクター事業成果発表会☆メールマガジンvol.2

かながわボランタリー活動推進基金21協働事業の2年目となりました、行ってきた「*特命子ども地域アクタープロジェクト」。6月に横浜市立大学との連携により、公募であつまった39名の青少年が3回連続のまちづくり講座を行い、まちづくり団体とのお見合い会ののち、15の神奈川県内各地のまちづくり団体に 数名ずつが派遣されました。7月~11月までの間に企画会議や準備、本番を含め、全活動は53回にも及びました。その成果を来る12月20日(日)に横 浜・馬車道で報告する「成果発表会」を行います。
39名の特命子ども地域アクターたちが、「アクターとなって、まちの活動をしてみたら、自分がどう変わったか?」、派遣を受けたまちづくり団体や協働し た神奈川県の行政の大人たちが、「青少年 をまちづくり活動に巻き込むとなにが起ったのか?」 などについて、フリーにトーク。会場のお客様にもトークに参加してもらえる場面も用意します。
ぜひみなさまのご来場をお待ちしております。

27tokumei-actor_vol8ol
チラシのPDFはこちら↓
27tokumei-actor_vol8ol

 

*特命子ども地域アクターとは、こども・青少年たちの社会参画を推進するため、地域のまちづくりの現場に「特命」をもって派遣し、それぞれ課題をかかえるまちづくり団体で自由な発想で活躍してもらう、というプロジェクトです。
神奈川県との協働事業「新しい公共の場づくり事業」としてスタートし、 2012年には、26名の特命子ども地域アクターが19の団体に、2013年には、18名の特命子ども地域アクターが10団体、2014年には26名が 14の団体で、そして今年度2015年には39名の特命子ども地域アクターが15の団体で、活躍しました。
2014年度より「かながわボランタリー活動推進基金21協働事業」として、 さらに行政との連携を深めながら実施、2年目になります。

 

◆15団体と活動の概要は以下になります。
1.フォーラム・アソシエ(子どもが主体となるイベントの運営)
2.かながわブラインドスキークラブ(視覚障害の方とのまちあるきとマニュアルづくり)
3.NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ(環境イベントに来た、こども向けのブース企画)
4.ほどがやこどもニコニコフェスタ(子どもが主体となるイベントの運営)
5.ホットシェフ(商店街のプロモーションビデオ撮影)
6.NPO法人横浜移動サービス協議会(バリアフリーマップづくりをこどもたちと検討)
7.鋼管通商栄会(ブツブツ交換の商店街イベントを定着させる)
8.NPO法人夢キューブ(ハロウィンイベントの企画とプロモーションビデオ撮影)
9.株)三浦海業公社(三崎のまちの魅力を伝えるウォークラリー)
10.横浜市中川西地区センター(新しい事業寺子屋のPRイベント企画)
11.公財)神奈川フィルハーモニー管弦楽団(プロモーションのためのかなフィルLINEスタンプづくり)
12.ハッピーサークル(テーマ曲づくりとダンスでのイベント盛り上げ)
13.NPO法人街カフェ大倉山ミエル(商店街の歴史を認識してもらうイベント企画)
14.横浜都筑文化プロジェクト(横浜北部エリアの文化的魅力を研究)
15.湯河原駅前通り明店街(商店街のキャラクターをPRする商品の試作販売)

 

◆特命子ども地域アクター39名の年齢内訳
高校3年 2人 高校2年 3人 高校1年 8人  高校生計13名
中学1年 6名 中学2年 3名 中学3年 6名  中学生計15名
小学6年 8名 小学5年 3名  小学生計11名

 

◆成果発表会
12月20日(日)13:30~17:30(12:30開場) *12時半より会場にてパネル展示
参加費:無料(定員100名)
会場:BankART studio NYK 3F(アクセス : みなとみらい線 馬車道駅下車徒歩5分)

 

【主催】
かながわ子どもの地域社会参画推進会議
NPO法人ミニシティ・プラス(事務局) 045(306)9004 minicityplus@gmail.com
神奈川県県民局青少年部青少年課 / NPO法人横浜プランナーズネットワーク
NPO法人アクションポート横浜 / NPO法人シャーロックホームズ
リスト株式会社 / NPO法人夢キューブ / スマイルミニシティ・プロジェクト

 

【協力】BankART1929

 

【協働 】神奈川県県民局次世代育成部青少年課 / 産業労働局産業部商業流通課 /
県土整備局都市部都市整備課 /教育局指導部高校教育課

 

【問合せ】NPO法人ミニシティ・プラス 045(306)9004
minicityplus@gmail.com