まちづくりのいろは講座at横浜市大キャンパス

まちづくり講座2日目は横浜市立大学金沢八景キャンパスの「まちづくりコース実習室」で開催。ひとが快適に暮らしていくには、なぜ計画的な「まちづくり」が必要なのか、「都市」はなぜ生まれたのか・・・など、歴史をローマ時代までさかのぼって学びます。

休憩をはさみ、午後は実際今回派遣されるまちと、そこでの「特命」をイメージしながらグループワークショップを行います。
今回は「地域活性化」と「活動の広報」が主なテーマとなりました。

「何もない」と思っていた商店街。よく見れば川沿いの桜並木にはたくさんの種類があり、みんなで使えるスペースも。川は江ノ島の方までつながっているらしいし、何かできるかも。今は閉店してしまった人気店もまだ近くで営業中らしい。手伝ってもらおうか・・・。
広報は、どんな団体でも悩みのタネ。でも、こども、若者ならではの自由なアイデアを出し合いました。
今回はまだ練習ですが、これから各地の団体に行っても地域の大人の方々と同じように会議をしていきます。