山北町の空き家活用事業計画に参画

NPO横浜プランナーズネットワークが神奈川県の基金21共同事業として実施している「空き家等の利活用による地域の魅力アップ事業」に、高校生アクター7名が参画しています。地元NPOとして、以前アクター事業から派遣を受けたこともある「NPO法人夢キューブ」と、山北町役場の方の案内で、カフェとして活用されている事例を見学し、今後地域拠点として活用するべく交渉中のレストランスペースで、活用のアイデアをブレーン・ストーミングしました。

 

今後この物件を定住コンシェルジュ機能を持った観光案内所やコミュニティスペースとして、活用していく予定です。