FAQ

 特命子ども地域アクターについての質問

 

Q:特命子ども地域アクターの選考基準は、どんなものでしょうか。
A:本人のやる気と時間的な余裕を見ます。その他は保護者の了承も必要です。応募時の応募動機やその後のヒヤリングなどで選考します。地域活動経験の有無は関係ありません。

 

Q:特命子ども地域アクターには、途中から参加できますか?
A:基本的には、途中からの参加はできません。

 

Q:特命子ども地域アクターは自分の好きなことができるんですか?
A:みなさんがやりたいことをなるべく優先しますが、「特命」という名前通り、みなさんの力が役に立つ現場で活躍してもらいたいので、必ず希望がかなう訳ではありません。

 

Q:最後まで参加できないかもしれないのですが、特命子ども地域アクターに参加できますか?
A:25年度の特命子ども地域アクターの任期はおおむね6月から翌年1月までです。活動の最初から最後まで参加できないことが分かっている場合は参加できません。

 

Q:特命子ども地域アクターの保護者は、付き添いをしても大丈夫でしょうか。
A:送り迎えは歓迎しますが、活動への付き添いは基本お断りしています。お子さんの気が散ってしまいますし、自由に伸び伸び活動できない場合があるからです。どうしても活動をみたいという場合はご相談ください。

 

Q:特命子ども地域アクターの活動で保護者の金銭的負担は生じますか?
A:活動や講座で発生する交通費、お昼をまたがって活動するときのお昼代などは支給されます。ただし活動は事前に許可を得たもののみです。お昼代などは基金21からは出すことができないため、別途寄付などでまかなっています。

 

Q:いろは講座の中身について、詳しく知りたいのですが。
A:いろは講座は横浜市立大学と協働で行います。
広く「まちづくり」について、の講義や、実際の横浜でのまちあるき、横浜のまちづくりについての講座です。大学の講義内容のレベルと変わりませんが、中高校生にもわかりやすい授業に工夫しています。

 

Q:特命子ども地域アクターには、最低限どういうことを身に付けてから現場のまちづくりに送り出す必要があると考えていますか?
A:地域活動の基本や知識、ボランティアの基本知識です。コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力は、やりながら身に付けていってもらいたいです。

 

まちづくり受け入れ団体について

Q:応募を考えていますが、まちづくり現場の選考基準はなんですか?
A:ま ちづくりをしている団体です。ですが、まちづくりとは、非常に幅広いです。神奈川県を中心に、地域課題解決や地域価値創造のための活動を行っている「団 体」(法人かどうかは問いません)、「企業」「行政」などグループの組織であれば、形態は問いません。応募書類をもとに子どもたちに期待する役割等から、 推進会議で諮り決定します。基本的にはできるだけ採用したいと考えてます。そのほか、団体内で子どもたちを受け入れる体制(組織内合意も含め)ができてい るかどうかは、確認させてもらいます。

 

Q:夏休みにはイベントがなく、秋以降に行いたいのですが、来てもらえますか?
A:1月に成果を発表してもらいます。ここでの発表に間に合うのであれば、必ずしも夏休みだけの活動に限定していません。

 

Q:子どもの受け入れに慣れていません。どのくらい事務局からサポートがありますか?
A:そういう団体にこそ、ノウハウを得るために受け入れてもらいたいと考えています。受け入れ団体とは密に話し合い、できる限りサポートしたいと思っています。 基本的にかなりサポートすることになると思いますが、つきっきりで全部いくことにはならないと思います。お困りの場合は随時ご相談ください。
Q:受け入れ団体に登録したいのですが、事務局が脆弱で、子どもたちの活動の報告をきっちりする自信がありません。
A:事務的な手間をなるべく減らしたいと考えています。報告は子どもアクターにしっかりやってもらいますので、閲覧して間違いがないかのチェックをおねがいします。
Q:事務局からのお金面でのサポートはどの程度していただけるのでしょうか。
A:特命子ども地域アクターの交通費や昼食代は必要ありません、またアクターが企画したもので必要な経費の一部はこの事業で負担できます。

 

Q:子どもたちに関わってもらいたいのですが、具体的なイメージがわきません。まちづくり現場の受け入れ団体に課されることはなんでしょうか?
A: 来てもらいたいという理由が明確であれば、具体的に何をしてもらいたいか、何をしてもらえそうか、ということは、子どもたちと事務局と受け入れ団体で一緒 になって考えていきましょう。まずはぜひ応募してみてください。スタートしたばかりの事業でまだ事例がありません。私たちと一緒に考え、すてきな現場を 作っていきましょう。

 

Q:受け入れ団体として応募しても、特命子ども地域アクターが希望しない場合、派遣されないこともありますか?
A: 派遣されないこともあるかもしれません。子どもたちの希望だけではなく、「特命」という名の通り、力を貸してほしい、力を発揮してもらいたい、というとこ ろへいってもらいたいので、登録したすべての団体への派遣を目指して、子どもたちの調整は行います。しかしスケジュール等のマッチングに関してどうしても 不可能な場合、派遣されないこともありえます。

 

Q:成果発表会への出席は必須ですか?
A: フォーラムでは成果を発表してもらいたいので、団体の中のどなたでもいいので特命子ども地域アクターに関わった方の出席をおねがいします。