事業の目的

特命子ども地域アクターの任務は?
自分たちのまちの課題や価値に気づき、自らその解決やその価値の向上のために活動する「地域アクター」がいろんなまちづくりの現場で奮闘しています。

 

特命子ども地域アクターには、この大人だけで行ってきたまちのイベントや会議に参加してもらい、ティーンのや発想、行動力を実際のまちに活かし、活躍してもらいます。
まちのイベントやまちづくりで自分の企画を実現させませんか? 地域で活躍できる「場」があなたを求めています。経験のある大人スタッフが、一緒に楽しく創っていきます。

 

この事業では、社会との接点が少ない子どもたちを、横浜市立大学の協力を得ながら、まちの魅力に気づき、積極的に課題解決や価値の向上に取り組み「特命子ども地域アクター」として養成、地域活性化などに取り組む大人たちの団体へと派遣します。「特命」を受けて派遣された子ども地域アクターは、大人と一緒になって、地域を盛り上げるためのイベントの企画や運営などに参画することで、地域との交流を深め、社会性を身につけます。

 

地域まちづくりの現場には、青少年を受け入れることで、若い力に気づいてもらい、青少年の主体的「社会参画」を受け入れてもらうノウハウを得てもらいます。地域のまちづくりの課題を解決するため、中高生を「特命」でまちづくり団体に派遣し、活躍してもらうしくみをつくっていきます。